ハウスリースバック 住み替え

住宅ローンの残債があるときの住み替えはダブルローンに注意!

更新日:

自宅を売却する理由として、一番多いのは「住み替え」です。

理由は転勤であったり、子供が自立したなどの家族構成の変化であったり、人それぞれです。

すでに住宅ローンを払い終わっていれば、自由に住み替えも出来ますが、中には現在住んでいる家の住宅ローンの残債がまだある状況の方もいると思います。

この記事では住宅ローンが残っている状態で住み替えをしたいと考えている方を対象に、注意すべきポイントや考えられる方法など、プロの視点でお伝えしていきます。

住み替えには二つの方法がある

あっくん
お疲れ様~
ミナ
あ、社長、お帰りなさい。どうでしたか?今日のお客さんは。
あっくん
具体的に家を購入したいって方なんだけど「住み替え」なんだよね。
ミナ
それじゃあ自宅を持っている方なんですね。
あっくん
そう。その自宅にはまだ住宅ローンが残っていてね。その打ち合わせをしてきたんだ。
ミナ
住宅ローンが残ってると、住み替えの時ってどうなるんですか?
あっくん
そうだね。まず買い先行でいくか、売り先行で行くかを決めなきゃいけないね。

もっと詳しく

住み替えの時に、先に転居先の住宅を購入してから住んでいた住宅を売却をすることを「買い先行」と言います。逆に今住んでいる住宅を売却してから、次の住み替え先を購入することを買い先行と言います。

 

買い先行と売り先行はどちらが有利か

買い先行と売り先行には、それぞれメリット・デメリットがあります。ここからはそれぞれについて詳しくお話していきたいと思います。

買い先行のメリット・デメリット

ミナ
住宅ローンが残っている時って、なかなか大変そうですよね。
あっくん
そうだね。どちらにしろメリット・デメリットがあるからね。
ミナ
ちなみに買い先行はどんなメリット・デメリットがあるんですか?
あっくん
買い先行のメリットは、何といってもゆっくり住み替え先を探すことが出来ることだろうね。また引っ越しが1回ですむのもメリットかな。
ミナ
確かに良い物件をじっくり探したい人には向いているかもしれませんね。逆にデメリットは何ですか?
あっくん
買い先行の一番大きなデメリットはダブルローンになってしまうことなんだ。

買い先行はダブルローンに注意

ミナ
ダブルローンというのは、今の住宅ローンと、新しい住宅ローンの支払いが二重に発生するというやつですよね。
あっくん
そう。二重ローンになってしまうから、月々の支払いが苦しくなるし、苦しいから売却も急いで安い価格になることもある。
ミナ
私だったら結構耐えられないな~。でも世の中には二重ローンでも大丈夫な人もいますよね。支払い能力があれば買い先行の方がいい気がしますね。
あっくん
それがそうでもないんだ。実は住み替えの時、買い先行の住宅ローンを取り扱っている銀行って実は結構少ないんだよね。
ミナ
え、そうなんですか?あんまり深く考えたこともなかったですが。。。
あっくん
昔はそうでもなかったんだけど、最近は売れない期間が続いて支払い能力が低下してしまうリスクがあるから、今の住宅の契約が決まっていないと審査を受け付けてくれないところもあるんだ。仮にあったとしても、支払い能力が通常の二倍近くないとダメだったりとかして審査が厳しいことが多いんだ。
ミナ
考えてみれば銀行からしてみたら確かにリスクありますもんね。ちなみに社長はそういう時はどうしているんですか?

買い先行でも使える住宅ローンは?

あっくん
僕はフラット35を利用するね。

フラット35とは?

フラット35は国土交通省と財務省が運営している住宅支援機構というところが貸出しをしている住宅ローンです。一般的な銀行が「人を見て貸す」と言われるのに対してフラット35は「物件を見て貸す」と言われています。
あっくん
フラット35であれば、住宅ローンの残債があっても、仲介業者との媒介契約書(売却を依頼した時に締結する契約書)があれば、今の住宅ローンは無いものとして審査してくれるんだ。
ミナ
え?媒介契約書があればいいですか?
あっくん
そう。だから買い先行の時は重宝するんだよね。ただし、物件の審査があるからフラット35の検査に受かる物件であることが条件だけどね。

ココがポイント

買い先行で住み替えを進めたいときは、新しい住宅ローンはフラット35を検討してみるとスムーズに進めることが出来ます。

セカンドハウスローンという手もあるが・・

あっくん
あともう一つ住み替えの時に検討できる住宅ローンに「セカンドハウスローン」という商品があるんだ。
ミナ
名前からすると、二件目用のローンということですよね?
あっくん
そう。もちろん審査はその分厳しくなるけど、住宅ローンがすでにあることが前提になっているから審査に通れさえすれば利用できるんだ。
ミナ
どんなところが取り扱っているんですか?
あっくん
もちろん限られてはいるけど、僕が良く使うところだと、フラット35はもちろんみずほ銀行やイオン銀行なんかが割といい条件でやってくれるね。
ミナ
それだったら、あえて買い先行の住宅ローンじゃなくてもいい気がしませんか?
あっくん
確かにそうかも言しれないけど、一応気を付けたいこともあって、住宅ローン減税が利用できないんだ。
ミナ
買い替え先行の方は利用できるんですか?
あっくん
もちろん。だから、今の住宅を売るつもりがない場合転勤などの理由)で、住み替え先で購入したいとか、単身赴任で購入するときなんかは結構使えるんだ。

ココがポイント

通常の住宅ローンに加えてセカンドハウスローンという商品もありますが、どれを選べば有利かは仲介業者にも相談してみましょう。

 

売り先行のメリット・デメリット

ミナ
それじゃあ、売り先行はどうですか?
あっくん
実際多いのは売り先行なんだけど、やはり二重ローンが発生しないというメリットがあるんだ。
ミナ
住みながら売却しているのが、売り先行の物件っていうことですよね?
あっくん
そうだね。住みながら売却をして、売れたら次の物件を探すんだ。
ミナ
売れたら一旦賃貸とかに引っ越すんですか?
あっくん
そういうケースもあるけど、一般的には契約を少し長めの引渡し期間を設けてもらって、その間に次の引っ越し先を決める方が多いんだ。
ミナ
そうすると、かなり限られた期間で次の物件を見つけなければいけないということですね。
あっくん
売り先行のデメリットはそこだね。時間が限られているから本当に気に入る物件に出会えるかどうかが分からないんだ。だから結局見つからずに、一度賃貸に引っ越すこともあり得る話なんだ。
ミナ
本当に買い先行にも、売り先行にもメリット・デメリットがありますね。
買い先行 売り先行
メリット
  • ゆっくり物件を探すことが出来る
  • 空き家として販売できる
  • ダブルローンを防げる
デメリット
  • 住宅ローンの残債がダブルローンになる
  • 取り扱い金融機関が限られる
  • 急ぐので売却価格が安くなってしまうことも
  • 売却が決まるまで、購入できない
  • 住み替え先を探す期間がかなり限られる
  • 見つからなければ一度賃貸に引っ越すなど、余分な手間が発生する
  • 住みながら売却するので、色んな人が内覧しにくる
あっくん
そうだね。状況によってどちらがいいかは大きく変わってくるから、その辺も不動産仲介業者と一緒に相談しながら戦略を決めた方がいいかな。

ココがポイント

買い先行が有利か、売り先行が有利かはその人の状況によって変わります。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、どちらが最適なのか、不動産仲介業者と一緒に考えましょう。

 

今の家に住みながら家を売却することも出来る?

あっくん
最近は色々新しい方法も出てきていて、ハウスリースバックという言葉をしっているかい?
ミナ
あまり聞きなれない言葉ですね。
あっくん
たしかに比較的最近出てきたサービスだからあまり知らないかもしれないね。

ハウスリースバックって?

ハウスリースバックは今の住宅をいったん売却して、その売却先から再度賃貸するという手法です。売却先は主に不動産会社になりますが、家賃を払うことで住み続けることができ(会社によっては期間が設けられているところもあります)、引っ越すことなく次の住み替え先をゆっくり探すことが出来るというサービスです。住み替え以外にも老後の生活資金獲得などの目的でも利用出来ます。

ミナ
へえ、そんなサービスがあるんですね。
あっくん
そうだね。売り先行と買い先行のいいところ取りのような内容だから、一度どれくらいの査定になるか、問い合わせて見る価値はあると思うだよね。
ミナ
そんなサービスがあるなら一度話だけでも聞いてみる価値はありそうね。住み替えで失敗したくないなら、色んな方法を考えた方が有利よね。

ハウスリースバックは最大手のHOUSEDoがお勧めです



住み替えについてのQ&A

住み替えについては、色んな質問を受けることがよくあります。またネット上で誤っていると思われる情報もあったりするので、色々とお伝えしていきたいと思います。

今の家に賃貸に出すのは?

よく今の住宅ローンは組んだまま、賃貸に出して、新しく住宅ローンを組んだらどうかと聞かれることがあります。

少しグレーな話になりますが、住宅ローンはあくまで本人が住むために作られた特別なローンです。

ほとんどの金融機関で、住宅ローンを組んでいる物件を賃貸に貸し出すことを禁止しています。

金融機関によって多少温度差はありますが、最近はそういった行為に対して厳しくなってきており、借りるときに念書を書かされることがあります。

また黙ってても、銀行からの郵便物はだいたい転送不要の書類で届くので、後からバレてしまった時には、残債額の一括返済を求められるリスクもあります。

もし賃貸に出す場合は、必ず銀行に事前に相談するようにしてください。

奥さんの名義で新しく住宅ローンを組むのは?

今の住宅ローンはご主人名義で組んでいる場合で、奥様にも安定した収入があり、奥様の名義で住宅ローンを借りて、今の住宅ローンを組んだまま賃貸に貸し出しては?ということも聞かれます。

しかしながら、住宅ローンを組むときには、かならず住民票を移動させることが必要になります。

別居するのであれば、それぞれが住宅ローンを組んでも構いませんが、結局今の住宅を貸すのであれば、書類が届かなくなり銀行にバレて、違約を問われるリスクがあります。

この場合も元の銀行に相談をして、住宅ローン以外のローンで組みなおすか、売却してしまうしかありません。

ただし、今の借り入れ金融機関によって姿勢は変わってきますので、銀行に問い合わせるか、不動産仲介業者に依頼するのであれば、そのあたりも合わせて相談するようにしてみてください。

 

最後に

住み替えは、購入と売却を短い期間で行うことから、特有の難しさがあります。

買い先行で動くか、売り先行で動くか、状況によっても変わってきます。

それぞれのメリットを把握したうえで、ご自身にとって有利な方法を選ぶようにしてください。

また文中でご紹介した「ハウスリースバック」という新しい住み替えの方法もあります。色々なところの話や査定を比べてご自身にとって納得のいく選択ができるようにしていただければと思います。

 

管理人からのお知らせ

このサイトから、査定依頼をしていただいた特典

不動産売却ABCの管理人は、バリバリの現役不動産営業です。(運営は便宜上、不動産会社ではなく別会社となっています。)

業界歴も10数年で、年間約50件ほどの仲介を手掛けています。

そんな業界のことを知り尽くした管理者だからこそ、提供できるサービスが「セカンドオピニオン」です。

不動産はプロと消費者との情報格差が大きく、知らないことをいいことに言いくるめてくる業者もいます。

実際の売却時には、公平な立場のプロに相談したい場面が必ず来ると思います

公平な立場というのが重要で、例えば競合する媒介先などに聞くと、その媒介先にとって有利なことを言われたりして余計混乱します。

例えば、不動産業者が話をしてくる心理や背景など、プロでないと分からないことが多くあり、その事実を知ることで正しい判断が下せるようになります。

なので、このサイトから一括査定サイトに査定依頼を出していただいた方限定で、管理人を「セカンドオピニオン」にできるサービスを提供します。

一括査定お申し込み後、運営者ページより「セカンドオピニオン希望」とお問い合わせください。

あっくん
基本的にはメールでのやりとりになりますが、きっとあなたの不動産売却のお力になれると思います!

 

管理人おすすめの売却サイト

1分で最大6社を紹介してもらえる実績豊富な「イエウール」

  • 申し込みにかかる時間はたったの1分
  • スマホからも簡単入力
  • チャット形式でストレスフリー
  • 最大6社に一括査定を申し込める
  • 全国対応
  • 登録業者数は1300社
  • 利用者1000万人、成約20万件の豊富な実績
あっくん

不動産売却一括査定サイトの中でも、もっとも実績があるサイトです。実際に周りの不動産会社でも、イエウールを利用しているところが一番多いように感じます。

しかも他のサイトだと10分以上かかるような入力がたったの1分で終わってしまいます。しかもチャットのような形式なので、入力していても苦になりません。

色んな意味でユーザー体験が優れていて評価されているからこそ、不動産会社もそこに集まってくるという良いサイクルが回っているサイトです。

 

自宅に住みながら家を売ることができる「ハウスリースバック」

  • 自宅に住み続けながら売却ができる
  • 住み替えのときに、じっくり次の物件を選ぶことができる
  • 急な資金需要に対応できる
  • 将来、買い戻すことも可能
  • 直接買取のため、仲介手数料がかからない
  • 運営は安心の東証一部上場企業
あっくん

普通の売却と趣旨が変わりますが、状況によっては一般的な売却よりも有利な時があります。

ハウスリースバックとは、家に住んだまま住宅を買い取ってもらうシステムのことで、住み替えのときに色々と問題になる「買い先行」や「売り先行」などで発生する期限を気にすることなく、ゆっくり住み替え先の家を探すことができます。

費用は相場と比べれば安くはなりますが、急な資金ニーズにも対応しやすく、持ち家を所有しているのであれば、ぜひ知っておいて欲しい選択肢の一つです。

 

簡単で親切な使い勝手の良さ「smoola(スモーラ)」

  • 500社(1500店舗)から最大9社の不動産会社を紹介してもらえる
  • 売る時だけではなく買う時にも参考にできる
  • 不動産業界経験者がサポートしてくれるので初心者でも安心
  • 過去の売買事例をもとに不動産相場を提供してくれる
  • 不動産会社との間のトラブルも回避できる
  • 査定申込時に特典あり
あっくん

後発のサービスだからこそ、特徴のあるサービスを展開しているのが「スモーラ(smoola)」です。

業界トップの「イエウール」には業者数や実績は届かないものの、売却価格だけでなく賃料査定もしてくれたり、専門のスタッフが相談に乗ってくれたりします。

売るか賃貸に出すか、迷っている人にとってはいいかもしれないですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あっくん

あっくん

某不動産会社の代表であり、現役の営業マンです。 業界歴は10年を軽く超えます。 「元」とかじゃありません。 主要都市の中心部に会社を構え、売買仲介として年間50棟ほどの売買に携わります。 買取再販もやります。 「売主」「買主」「仲介」のすべての立場を経験しています。 現役だからこそわかる不動産業界のことや、今後の展望など最先端の情報をお伝えしていきます。

-ハウスリースバック, 住み替え

Copyright© 不動産売却ABC , 2021 All Rights Reserved.